不動産用語集 - 不動産業務に役立つ基礎知識

地域循環共生圏

読み: ちいきじゅんかんきょうせいけん

廃棄物等を含む資源が循環し、低炭素社会・自然共生社会を構築することのできる地理的な範囲。

循環型社会の形成において、地域の特性や循環資源の性質に応じて最適な規模の循環を形成する「地域循環圏」と、低炭素型で自然と共生する社会圏域とを重ね、結びつけたものである。さらに、地域循環共生圏の構築は、SDGs(持続可能な開発目標)のゴールのひとつである「持続可能な消費と生産」の実現にも資すると考えられている。