不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

固定資産税の軽減措置(住宅用地)

こていしさんぜいのけいげんそち(じゅうたくようち)

住宅用地に対する固定資産税課税標準を減額する特例をいう。

住宅用地であれば課税標準を3分の1に減額するほか、特に200平方メートル以下の部分(小規模住宅用地)に対する課税標準は6分の1に減額することとされている。

つまり、面積A平方メートル(A>200)の住宅用地に対する固定資産税額は、
固定資産税評価額/A ×(200×1/6+(A−200)×1/3)×税率(原則1.4%)
となる。

なお、この特例の適用については期限が定められていない。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ