不動産用語集 - 不動産業務に役立つ基礎知識
土地関連用語

火山災害警戒区域

読み: かざんさいがいけいかいくいき

火山噴火による人的被害を防止するために警戒避難体制を特に整備すべき地域。内閣総理大臣が指定する。

「常時観測火山」(今後100年程度の中長期的な噴火の可能性及び社会的影響を踏まえ火山噴火予知連絡会が選定)で、周辺に住民や登山者等が存在する火山について、その噴火による影響予想範囲が指定され、指定された都道府県及び市町村は、火山防災協議会の設置、地域防災計画への必要事項の記載等を行う。

また、火山活動の状況に応じて、指定された区域への立入りが制限されることがある。