不動産用語集 - 不動産業務に役立つ基礎知識

配偶者控除

読み: はいぐうしゃこうじょ

所得税の課税において、一定の要件を満たす配偶者がいる場合に受けることのできる所得控除をいう。


配偶者控除の対象となる配偶者の要件は、民法上の配偶者であること、納税者と生計を一つにしていること、配偶者の年間所得が38万円以下であること、事業専従者として収入がないこと、控除を受ける者(納税者本人)の年間所得が1.000万円以下であることとされている。また、控除額は、納税者本人の年間所得額及び控除対象配偶者の年齢により異なる。

例えば、納税者本人の年間所得額が900万円以下の場合には、控除対象配偶者の年齢が70歳未満であれば38万円、70歳以上であれば(老人向上対象配偶者)48万円である。

なお、配偶者が障害者の場合には、配偶者控除に加えて障害者控除を受けることができる。