宅地建物取引士資格試験の試験内容

たくちたてものとりひきししかくしけんのしけんないよう

宅地建物取引士資格試験は、4肢択一式の50問(50点満点)が出題される。
実施年によって多少の変化があるが、おおむね次のような科目構成となっている。

1.権利の変動(民法など)…15問
2.法令上の制限(行政法規)…10問
3.宅地建物取引業法…16問
4.税法…3問
5.その他…6問

合格ラインは全国一律で、実施年ごとに異なるが、50問中、32〜34問以上正解とされることが多い。毎年、試験実施後に公開されている。


カテゴリー検索

トップページへ

スマートフォンサイト | PCサイト

株式会社不動産流通研究所

(c)株式会社不動産流通研究所 All right reserved.