不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

不動産の流動化

ふどうさんのりゅうどうか

不動産の取引が容易になるように工夫する手法の一つで、

1.不動産の価値を物理的なモノから分離独立させること、2.取引の単位を細分化すること

を特徴とする。

その有力な方法が不動産の証券化(不動産の価値を有価証券に転嫁すること)であるが、それにとどまらず幅広い手法が工夫されている。それらの手法を類型化すれば、次の表のようになる。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ