不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

壁面線

へきめんせん

道路境界から後退して建物の壁等を建築しなければならないとして指定された線をいう。

街区内における建築物の位置を整えその環境の向上を図るための規制であるが、その指定に当たっては、意見聴取などの手続きが必要である。

主として地区計画建築協定の際に活用されている制度であり、壁面線が指定された街区については、容積率建ぺい率が緩和されることがある。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ