不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

デットとエクイティ(Debt・Equity)

でっととえくいてぃ

資本調達の区分をいい、デットは、社債発行や銀行借入などにより調達する他人資本、エクイティは、新株や新株予約権付社債の発行などにより調達する株主資本という違いがある。
デットによる資金調達は、返済期間や金利が定められているのに対して、エクイティは、返済期限が定められていない資金の供与であり、通常、投資先の支配権を伴う(議決権なしの株式など、その例外もある)。

不動産の証券化に当っては、デットとエクイティの組合せによって資金を調達するのが一般的で、収益の配分に当ってはデット部分が優先される。一方、エクイティ部分に対する収益の配分は、ハイリスク・ハイリターンになりやすい。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ