不動産用語集 - 不動産業務に役立つ基礎知識
民法用語

抵当権設定者

読み: ていとうけんせっていしゃ

ある人(A)が他の人(B)に対して債権を有している場合に、Aが債権を保全する目的のために、Bの所有する財産に対してAが抵当権を設定したとき、Bを「抵当権設定者」という。

また、Aは「抵当権者」と呼ばれる。

Aがその債権を保全する目的のために、第三者(C)の財産に対してAが抵当権を設定することがあるが、このとき第三者Cは「物上保証人」と呼ばれる。