主要構造部

しゅようこうぞうぶ

建築物の構造上、重要な役割を果たしている部分のこと。

建築基準法2条5号では、主要構造部とは「壁・柱・床・・屋根・階段」であると定義している。

ただし、構造上重要でない最下階の床、間仕切り用の壁、間柱、つけ柱、局所的な小階段などは主要構造部から除外されている。

関連用語


カテゴリー検索

トップページへ

スマートフォンサイト | PCサイト

株式会社不動産流通研究所

(c)株式会社不動産流通研究所 All right reserved.