不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

法定敷地

ほうていしきち

区分所有建物が必ず必要とする敷地をいう。

区分所有建物を所有するためにはその敷地に対して権利(所有権借地権など)を必要とするが、その権利の対象となる敷地が法定敷地である。

区分所有建物の専有部分を所有するための土地に対する権利を敷地利用権(専有部分の所有者が共有する権利とされる)という。このとき、必ず敷地利用権が必要となる土地が法定敷地である。
一方、法定敷地以外の土地で、管理組合の規約によって区分所有建物の敷地であると定めたものを「規約敷地」という。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ