不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

停止条件

ていしじょうけん

法律行為の効果の発生が、将来の不確実な事実にかかっているときの、当該事実をいう。

例えば、「宅建試験に合格したら給料を3割上げる」と約束した場合の「合格」が停止条件である。

逆に、法律効果が将来の不確実な事実によって消滅するとき、その事実を「解除条件」という。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ