不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

資産担保金融

しさんたんぽきんゆう

資金調達の方法の一つで、特定の資産の価値や収益力を裏付けに資金を調達することをいう。

不動産債権などの資産をもとの所有者から分離し、その資産から生じるキャッシュフローを原資として証券を発行する方法が主流であり、その発行される証券はABS(Asset Backed Security、資産担保証券)といわれる。これによって、もとの所有者は、責任が遡及しない形(ノンリコース)で資金を調達することができる。

これに対して、通常の融資における担保資産は、単に最優先でそれを償還に充てることを保証するだけで、返済のための原資は担保に供した資産に限定されない。責任が遡及(リコース)するのである。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ