不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

資産運用型(不動産の証券化における)

しさんうんようがた(ふどうさんのしょうけんかにおける)

不動産の証券化における類型の一つで、複数の不動産を売買・運用して、その利益を投資家に配分する仕組みをいう。

金融商品を開発して投資家に販売することを主な目的とした不動産の証券化に用いられることが多く、JREITも資産運用型の仕組みを活用している。不動産の運用収益を高めることに焦点がある。

これに対して、特定の不動産を流動化して資金を調達することを主な目的とした仕組みを、資産流動化型という。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ