不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ



不動産用語集|R.E.words
by(株)不動産流通研究所

理事の代表権の濫用

りじのだいひょうけんのらんよう

法人理事がその職務行為をなすに当たって、もっぱら自己の利益のために行なうことをいう。

このような場合には、判例では、心裡留保に関する民法第93条但書(心裡留保の規定)を類推適用して、善意無過失の相手方に対する法律行為の効力を無効としている(昭和38年9月5日最高裁判決など)。これによって、法人や代表権の善意の取引の相手方は、理事がなした代表権の濫用行為から保護されることとなる。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --
スマートフォンサイトへ