不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ


不動産登記法

ふどうさんとうきほう

不動産の表示及び不動産に関する権利の公示のための登記制度を定めた法律。不動産登記制度は、1889(明治32)年に制定された旧不動産登記法によって創設されたが、2004(平成16)年にこれが全面改正され、05(平成17)年3月7日から現行の不動産登記法が施行されている。

不動産登記法は、登記できる権利等、登記順位、登記所登記記録、登記手続、登記事項の証明、筆界確定などについて定めている。たとえば、登記できる事項は、不動産(土地または建物)の表示のほか、不動産に係る所有権地上権抵当権賃借権など一定の権利についての保存、設定、移転、変更、処分の制限、消滅についてである。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --