不動産用語集|R.E.Words by(株)不動産流通研究所

Search
トップページ


囲い込み(物件の〜)

かこいこみ(ぶっけんの〜)

不動産の売却を依頼された不動産業者が、意図的に他の不動産業者に物件を紹介しない行為をいう。

囲い込みがされるのは、依頼された物件の買取りを仲介すれば、売買の依頼者双方から仲介手数料を得ることができるからである。これを「両手取り」というが、囲い込みは、依頼主の利益を損うほか、仲介の倫理に反し、不動産取引市場に対する信頼を妨げることになりかねない。

-- ここからは本文のリンク用語の解説 --